ダイエット

ツインリンクもてぎで気球キャンプ2019!評判・口コミを調査!

投稿日:

日中は暖かい日も多くなり、春の訪れを感じる今日この頃です。暖かくなればアウトドア、キャンプなどにも出かけたいですね。関東で大人気のツインリンクもてぎという施設をご存知でしょうか?3月9日には新しい施設もオープンし、話題となっています。

スポンサーリンク

ツインリンクもてぎとは?

「子どもとお出かけ情報サイト いこーよ」の関東総合レジャーランキングで2年連続1位となっています。

2019年3月9日(土)には新アトラクション「巨大ネットの森 SUMIKA」がオープンしました。舞台は森の動物たちのすみか。光と音の演出で豊かな里山の森を再現しています。森を感じる数々の仕掛けでみんなが夢中になります。うさぎやリスなどの小動物になり森の鬼ごっこやかくれんぼを楽しむこともできます。

昨年オープンしたドキドキの連続の39のアスレチック「森感覚アスレチック DOKIDOKI」のコンセプトは森となっています。大きな動物や昆虫が出現する場面、地上10m以上の枝渡りや木のてっぺんをイメージできる場面などアスレチックの常識を覆し、遊びを通して様々な森の営みを体験することができます。

また、超巨大アトラクション「迷宮森殿 ITADAKI」は5階建ての立体迷路でドキドキわくわくの新体験ができます。

ほかには、日本最大級のジップライン「メガジップライン つばさ」、森のなかでたくさんの体験が楽しめる「ハローウッズ」、本格的バイクアトラクション「モトレーサー」「モビパーク」、グランピングエリア「森と星空のキャンプヴィレッジ」など様々な魅力的な施設やアトラクションが目白押しです。

そんなツインリンクもてぎでは毎年人数限定の様々な企画が用意されています。そのなかでも特に人気なのが「熱気球 キャンプ」です。詳細をみてみましょう。

熱気球キャンプとは?

「熱気球に乗って、冬の空中散歩を楽しもう」

ハローウッズのガキ大将「崎野隆一郎」が、熱気球に乗って冬の空を案内してくれます。すんだ空に浮かぶ気球からはツインリンクもてぎのサーキット場を取り囲む里山、大海原、富士山も望むことができるかもしれません。普段地上から眺めている美しい自然の姿と、バーナーで温めた空気の力でふわりと浮かぶ感覚をのんびりと堪能できる企画となっているそうです。

今年は3月16日(土)、17日(日)に開催されるそうです。人気企画のためすぐに予約が埋まってしまうそうなので気になる方はお申込みは早めにしておいたほうがいいかもしれません。

スポンサーリンク

評判や口コミは?

「子どもとお出かけ情報サイト いこーよ」での栃木県での週間、月間、年間ランキングなんと全てにおいて1位を獲得しています。

口コミの平均も4.5とかなりの高評価です。

「迷路とバイク、色々なレジャーで楽しめました。又来たいです。」
「ブンブンバイク、迷路どれも楽しく大満足です。」
「今回初めて行ったのですが、施設の設備も良く従業員さんの対応もとてもよかったです。また行きたいと思える場所でした」

などたくさんの良い評価を得ています。

一方悪い意見としては
「キャンプ場の部屋が汚い」
「従業員やコーススタッフの態度が悪い」
「混んでいた。乗り物に乗るのに5時間待ちだった。2度と行かない」

などの意見も複数ありました。毎年新アトラクションをオープンさせ、CMなどでも集客をはかっているようですが、従業員の不足などで手が回りきっていないようです。

まとめ

・ツインリンクもてぎは栃木県で年間、月間、週間ランキング1位を獲得する人気施設。
・1泊2日でキャンプをし熱気球にのり冬空を眺める熱気球キャンプも人気
・人気施設が故に待ち時間が長い。

スポンサーリンク

-ダイエット

Copyright© 緑地すたいる , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.